お部屋サーチ

一人暮らしをウン十年しているうp主が賃貸物件のいろいろなことを研究しています。

体験談 記事 通勤通学

泥酔状態の女性を他人のカップルが介助

飲み会の帰りで

注釈:食事中の方は見ないでください。ってか読む人はいないか(笑)

ある日、私は友人たちと楽しく飲み会をした後の帰り道でした。終電間際の電車に乗った私は、ドア付近に乗っており、楽しかった飲み会に思いをはせていました。

電車内は終電間際ということでほぼ満員状態でした。ぎゅうぎゅう詰めというわけではありませんが、乗車率は100%付近といったところです。(地方の感覚なら満員といってもいいでしょう。乗車率100%ということは定員いっぱいに乗っているということなので)

暫く電車に揺られていたところ、反対側の手すりにつかまっていた女性が、ふらふらしているのが目に入りました。おそらく酔っぱらっているのだと思います。あぁ、きっと彼女も楽しい飲み会で飲みすぎたんだろうなと思って、勝手に仲間意識をもっていましたが、ふらふら加減が尋常じゃなく、周りの乗客たちも心配するほどでした。

すると、ついに彼女は耐えきれなくなったのか、急に倒れてドア付近に寝転んでしまいました。彼女はかなり酔っぱらっていたらしく、倒れたにもかかわらずすでに夢の中でした。私も含め、周りの乗客たちもどうしていいかわからず、ざわざわしていた時です。

寝ながら嘔吐

なんと、その倒れた彼女は寝ゲロをしてしまったのです。さすがのこの状況に、どこからか「うわっ」という声が聞こえてきました。すると、近くにいた男女の二人組がカバンからティッシュを取り出して、その周辺を掃除し始めたのです。

普通であれば、見ず知らずの人(それがきれいな女性だったとしてもです。)の汚物処理なんかしたくないはずなのに、その男女二人組は、嫌な顔をすることなく掃除を淡々としていきました。私はその光景に、何もできない自分が恥ずかしくなりましたが、やはりちょっと手を出すことはできず、手持ちのティッシュを渡すのが精いっぱいでした。

倒れた女性の周りや、女性の顔をきれいにした二人組は、周りに座っていた女性の手も借りて椅子に座らせ、そのころには女性は意識を取り戻し、しきりに二人組に謝罪とお礼を言っていました。

しかし、やはりお酒がまだかなり残っているのか、頭はふらふらの状態でしたので、女性は次の駅で降りることとなりました。そして、彼女を介抱した男女の二人組も付き添いで降りて行ったのです。二人組の方は、それが本来の駅だったのか、介抱したことによる義務感で降りたのかはわかりませんが、とても素晴らしい行動だったと感心したことを覚えています。都会の人間は冷たい人が多いと、田舎出身の私は聞いていましたが、そんなことはないんだなと考えを改めたハプニングでした。

    上記の記事はあくまでも個人の感想であり特定の事業者などを批判したり逆に宣伝したりするものではありません。またこの記事と状況が変わっている可能性もありますので最新の情報はお手数ですがお客さまご自身でご確認をお願いします。

スポンサーリンク


-体験談, 記事, 通勤通学

関連記事

引っ越ししたらなんでNHKが来るの?

郵便局からNHKに転居情報が? 引っ越しすると入居したのを察知した連中がいろいろくるようですがここではNHKを取り上げます。 誰でも引越しをする際には郵便局に転居届けを出すと思います。何しろ転居届けを …

沖縄から滋賀へ引越し

急な引っ越し 仕事の関係で沖縄から海をわたり滋賀へ引越しをしました。急な引越しだったため、引越しの見積もりは1社のみ、部屋探しも交通費の関係で内覧なしで不動産屋さんとのやり取りのみで決定しました。部屋 …

roomimage

食品は何でも冷凍出来ると思い大失敗

肉を塊で冷凍 当時、自分はかなり貧乏でした。そのため節約することを心掛けており、スーパーマーケットなどで安売りされているものがあると大量買いしていました。そして野菜や肉類などは冷凍しておけば長持ちする …

NHKのネット同時配信に総務省も動く

総務省が物言い? ニュースや他のネット記事でご存知の方もおられると思いますがNHKがインターネットを使い通常の地上波と同じ放送をしようとしている事に関して総務省から「物言い」が入ったようです。そりゃあ …

腰を痛めて電車で席を譲られる

ぎっくり腰はつらい 現在週に二日ほどパートタイムで働いている主婦です。仕事に出かける時には必ず電車を利用しています。乗車時間はわずかに15分程度なので座れなくても十分我慢できる範囲です。ですがやはり5 …