お部屋サーチ

一人暮らしをウン十年しているうp主が賃貸物件のいろいろなことを研究しています。

コロナウィルス 記事

定額給付金まだ?

※この記事はこちらの記事の続編になります。前回の記事と重複している内容もありますがあわせてお読みいただけると幸いです。

給付金が(お金がもらえるのが)遅い

この記事をご覧の方の中には「給付金よりも税金の通知が来た」「遅い!」などなど例のウィルスによる自粛と相まってイライラしている方も多いようです。以下は政府などで発案されてから皆様のお手元に届くまでの超ざっくりな流れです。(実際にはもっとたくさんの手順や多くの人が関わっています)

政府や与党、関係省庁などが法案作成→国会で関連法案など可決成立→担当官庁(この場合は総務省)→市区町村に事務委託(今回のものは全額国負担です)→各市区町村でも関連予算など(修正予算など)議会で可決→市区町村職員が実際の業務にあたる。

一部の町村ですでに支給されていて大都市で支給が遅いのはなぜか?

実は上記よりも先に総務省から特別定額給付金事業を行う旨の通達が出ていて、準備などするよう事務連絡が各都道府県経由で各市区町村に流れています。(専門的な内容になりますので詳細は省きます)北海道の一部の町村ではGW中にはすでに配布が始まった模様でTVで見たという方も多いのではないでしょうか。

例えば北海道の場合200万人近い人口がある札幌市があるかと思えば人口1000人前後の町村(当然役場の規模も小さいので割ける人員も限られているでしょうが)も多く、当然ですがどうしてもいろいろな意味で差は出てしまいます。(特別定額給付金に限った話ではありませんが)小さな町村の方がフットワークが軽い?ようで議会の定員も少ないので、すぐ臨時議会招集(各議員には電話で連絡があるようです)~可決させて(同時進行的な感じで職員も準備)すぐに作業(書類送付や支給)開始といったところでしょうか。(こういう地域の職員や議員は相当頑張っていると思われます)

一方で政令指定都市ともなると職員も多いですがそれ以上に住民(世帯)も多く議会も議員が多く規模が大きいので補正予算案提出~審議~可決だけでも一苦労のようです。(さすがにいつも反対しかしない野党もコレは反対しないとは思いますが)なのですべてをチェックしたわけではありませんが大都市ほど支給が後になるという原因になるのかなと思います。

スポンサーリンク


申請方法は?

各市区町村での扱いとなります。どの自治体も原則窓口での手続きは行っておらず、郵送申請(送られてくる書類に必要事項を書き足し+本人確認書類のコピー&通帳のコピーをつけて返送)またはマイナンバーカード+対応カードリーダー接続のパソコンをお持ちの方限定でオンライン申請も受け付けています。詳しい記入方法や申請期間などに関しましては各市区町村で微妙に差がありますので送られて来た書類や各市区町村のホームページなどをご確認ください。総務省と各市区町村では専門の部署(給付金室など)で電話での問い合わせも受付しているようです。

ちなみにマイナンバーカードをお持ちでない、持っていてもパソコンの設定方法など分からないという方は通常の郵送申請の方が結果として早いかと思います。(マイナンバーカードの新規作成には1か月程度はかかるため、しかも受け取りで必ず市区町村の窓口に出向かないといけないため。)仮にマイナンバーカードがあってもカードリーダーの購入や接続&設定、パソコンに設定やソフトを導入する必要がありパソコンの設定が苦手な方にはあまりオンライン申請は向かないかな?と個人的には思っています。

マイナンバーカードで多いのに電子署名のパスワード忘れがあります。作成時にも説明はあったかと思いますがあのカードには電子署名用と利用者証明用の2種類の暗証番号(つまり電子証明書)が設定されており使わない方も多いのでいざ必要な時に忘れて役所に人が殺到という笑えない状態にもなっています。(暗証番号の初期化=リセットも市区町村役場でないと出来ないため)

出来る限り送られてくる書類での申請に

某市で用紙をダウンロードして自分で申請する方式を導入したところ、記入ミスが非常に多くて確認に時間がかかりすぎて「出来るだけ通常の郵送申請で」とアナウンスしているそうです。オンライン申請も同様ですべての項目を住民票の登録と同じに入力しないといけないためコレも間違い入力が多く職員の頭を悩ませているようです。

特別定額給付金様式見本

※記入ミスの例
世帯主の氏名が間違っている、住所が間違っている。(2世帯住宅などにお住まいの方は注意が必要です)
給付対象者でない人が記載されている。
「不要」に間違ってチェックする人がいる。(この場合市区町村の給付金室から確認電話があるようです)
市区町村によってはチェック欄が「希望する」「不要」となっているものもあります。(フォーマットは総務省が出していますが実際の書類を作成するのは各市区町村なので)本人確認書類のコピーや通帳のコピーを忘れる、本人確認書類でない身分証のコピーを送付してしまうなどなど。

通常の郵送ですとあらかじめ住所や給付対象者が印字されているので間違えて書く方は少ないですが(それでも全くない訳ではない)オンライン申請や用紙をダウンロードして記入や入力する場合、住民基本台帳の内容と完全に一致している必要があります。(当然ですが各市区町村の給付金室でも確認しています、万全を期すため2人1組でチェックや各部分部分単位でチェックという自治体も多いです。)

もっと早く出来ないの?

ごもっともかと思います。中共ウィルスの影響で各市区町村とも人員を少なくして(当然感染防止のため)窓口業務など遂行している中で給付金もというのはという気もする一方、やっぱり早く配布したいよねという事で取り組んでいるところもあります。

例えば、業務量が極端に減った企業に手伝ってもらう。大学生など臨時バイトを雇用して手伝ってもらう。(全ての自治体が出来るわけではない)手伝ってもらえればその分住民には早く給付金が支給できる、手伝ってもらった企業や個人にはその分の手数料や給料が入るので経営や生活にいくらかでも足しにはなるかと思います。

個人的には気長に待つしかないかなとは思いますがそれでも明日の生活に困るとか事業継続に困るとかはあると思います。貸付にはなりますが各社会福祉協議会運営の緊急小口資金、税や保険料、水道など公共料金の支払い猶予など、(これらは電話でも相談できると思います、各自治体や各事業者にお問い合わせください)小規模事業者の方向けにはよろず支援拠点での相談やセーフティーネットなどなどあるようですので気になる方は調べてみてください。(たぶんこのサイトをご覧の方で事業者の方は少ないと思いますが)

詐欺にも注意

こういう時期になると決まって出現するのが「詐欺」です。奴らは手を替え品を変え皆様の財産を狙ってきます。「給付金支給するためにATMを操作してください」とか総務省や自治体などが電話してくることはありませんので(と言っても騙される方があとを絶たない、なので詐欺師が(ry)このご時世で気性の荒い?輩も出没しているようですので皆様くれぐれもお気を付けください。

おことわり

上記の記事はあくまでも執筆者個人の見解であり特定の政党や事業者などを批判したり逆に宣伝したりするものではありません。またこの記事と状況が変わっている可能性もありますので最新の情報はお手数ですがお客さまご自身でご確認をお願いします。また最終的な判断はお客様の責任で行っていただきますようお願いします。

スポンサーリンク


-コロナウィルス, 記事

関連記事

事務職でも入居審査が通らない?

営業職ではラクラク審査おk 以前、アパレル関連の営業の仕事をしていた時に、自分名義で賃貸物件を借りようと思い、父親に保証人になってもらい問題なく審査は通りました。入居審査とは相当なことがない限り落ちな …

なんでも相談会開催

なんでも相談会 ※下記は終了しました。 新型コロナウィルス(中共ウィルス)で亡くなられた方にお悔やみ申し上げます。また、罹患された方にお見舞い申し上げます。さて、弁護士や司法書士、社会福祉士や日頃労働 …

NHKのネット同時配信に総務省も動く

総務省が物言い? ニュースや他のネット記事でご存知の方もおられると思いますがNHKがインターネットを使い通常の地上波と同じ放送をしようとしている事に関して総務省から「物言い」が入ったようです。そりゃあ …

にゃあ~

なぜ長時間の通勤や通学をするの?

当サイトにご質問がありましたので回答するとともに記事にしました。 人はなぜ長距離通勤や通学をするのか? 特に首都圏でのお話になるのですが都心に通勤先や通学先がある事が多々ありますがそこの近くは家賃が高 …

隣の音を気にする人

偽装請負って何ですか?

偽装請負について 当サイトにも質問がありまして、過去にニュースなどで取り上げられているのでご存知の方もおられると思います。ここでは超簡易的ですが以下解説します。 請負 請負元企業からの依頼を受けて請負 …